診療を受ける

レーザー

わきが治療の方法について

わきがを治す外科手術方法の1つに、直視下剪除法という名前の手術があります。直視下剪除法の手術では、脇の下の皮膚に3〜4cm程度の切開口を作り、そこから皮膚を裏返して汗腺を1個ずつ剪除するという方法が取られます。皮膚そのものを大きく切除するわけではないので、傷跡を小さくすることができるというメリットがあります。現在のわきが治療の主流は、直視下剪除法による手術になっています。この方法によるわきが治療は、皮膚科だけでなく美容外科クリニックでも受けることができます。皮膚科で行われるわきが治療は保険が適用されることになっていますので、費用をできるだけ低く抑えたいと希望している人は皮膚科を受診する方がよいです。一方、多少費用が余計にかかってしまっても、できるだけキレイな見た目に仕上げて欲しいと考えている人は、美容外科クリニックでわきが治療を受ける方がよいです。

わきが治療の方法には、様々な種類のものがあります。特に美容外科クリニックを利用する場合は、それぞれのクリニックが独自の工夫を凝らした手術を行っていますので、事前によく調べてみるようにするのが望ましいです。美容外科クリニックで行われているわきが治療は、原則的に保険が適用されない形になっています。美容外科クリニックの中にも保険診療を取り扱っているクリニックがありますが、全体から見るとごく一部に限られています。保険が効きませんから治療費全額を自己負担することになる反面、保険診療の制限を一切受けない自由な方法で治療を受けることができるというメリットがあります。たとえば、汗腺を剪除した後で医療レーザーを照射して汗腺の取りこぼしを防ごうとしているクリニックなどがありますので、事前に複数のクリニックの治療方法を調べてみるようにした方がよいです。

Copyright© 2017 わきが治療には簡単レーザー|美容問題なら美容外科にお任せ All Rights Reserved.