シミとは少し違う

カウンセリング

女性に多いトラブル

年齢を重ねるごとに増えていくのが肌トラブルです。ニキビやシミ、たるみなどあらゆる肌トラブルがありますが、どれも肌のターンオーバーが上手く機能しないことによって発生すると言われています。特にシミやたるみは、40代あたりから発生する肌トラブルとなっており、多くの人が悩まされています。こうしたトラブルの中で、シミと間違えられやすいのが肝斑です。肝斑は30代後半から50代にかけて発生しやすいものとなっており、症状を訴えている人のほとんどが女性です。シミと似ていますが、肝斑の場合、比較的広範囲にわたって発生するのが特徴です。加えて、同じような形で左右対称に発生するのも1つの特徴となっています。肝斑を治療するのであれば、市販のサプリや薬を利用するよりもクリニックで治療をしてもらった方がスピーディに改善していくことができるでしょう。肝斑治療も昔に比べてかなり豊富になってきており、現在ではレーザーを利用した治療方法が主流となっています。

何度も通うことが大切

レーザー治療を利用して肝斑は改善することができますが、しっかりとした効果を得たいのであれば数回はクリニックに通って治療をすることが大切です。レーザー治療で使用する機器でもかなり機能的なタイプが誕生しており、こうした機器を利用して行なう治療をレーザートーニングと呼ばれています。通常の治療では改善できない肝斑もレーザートーニングによって改善していくことができるのです。レーザートーニングの場合、肝斑だけでなく毛穴の引き締めやくすみ等にも効果的といわれているので、同時にエイジングケアもすることができます。施術時間も、10分から15分程度と極めて短いので、仕事帰りなどに利用することもできるでしょう。5回程度通うことによってかなり薄くなると言われているので、定期的に通うことが重要です。

Copyright© 2017 わきが治療には簡単レーザー|美容問題なら美容外科にお任せ All Rights Reserved.